忍者ブログ
日和やオリジ等々の、絵ログや駄文を置く倉庫。
[395]  [394]  [393]  [392]  [391]  [390]  [389]  [385]  [382]  [381]  [380
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



神話時代や発展時代に有名だった『称持ち』や『神話』、『御伽噺』は多くあるが
停滞文明にまで伝わる話や、新しく名を連ねるモノは少ない。

『ニノ称』とは、いわゆる二つ名のようなものだが
基本的に自分からそう名乗るのではなく、周りがそう『称』することが
『称持ち』と言われる所以。


停滞文明で、有名な『称持ち』と『神話』と『御伽噺』について。










二ノ称:爆炎の鬼帝
伝わる通り、爆炎のような戦い方で有名だった。
『蒼月の鬼帝』と呼ばれる者と2人組で遺跡や魔物を荒らしまわっていたという話が有名。
最後に伝わる姿として、ひとりで高度文明の地域を荒らしていたらしい。



二ノ称:蒼月の鬼帝
伝わる話は、灰色の髪を靡かせて歩く黒衣の麗人ということで有名だった。
『爆炎の鬼帝』と呼ばれる者と2人組で遺跡や魔物を荒らしまわっていたという話が有名。
最後に伝わる話としては、『ムゲン地点』の宝を見てくる、と残してフラリと姿を消したらしい。


神話:カイにたつセンジン
神話時代や御伽噺程度のふんわりとしたもの。
創星ノ戯心が「外」のモノと戦う姿と言う話。
こちらの話では創星ノ戯心は、とても心優しい良き神、として知られている。
なお、この神話を知る神官達は、「歴史と口伝ってすごい」という話をしている。


御伽噺:がらくたさまと光る花
神話時代から様々な解釈を得て出版された御伽噺。
がらくたさまと光る花『夜淡花(イルオールフラウ)』を用いた子供向けの内容。
要訳すると「がらくたさまは、夜淡花が大好きな陽気な魔物」というモノ。
これは本当に子供向けにかかれた物で、興味を持って他の御伽噺や書籍を見れば
がらくたサマやガラクタについて、「junk Field」とはどのような場所かなど
見解や解釈の本が見つかる。

 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
[01/30 刺磨]
[01/29 ハレタカ]
[11/27 刺磨]
[11/26 ハレタカ]
[10/30 刺磨]
最新記事
(01/01)
(04/29)
(04/09)
(04/08)
(04/07)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
刺磨
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]